RSS Feed!

春は自律神経が乱れやすい

昨日は暖かかったのに今日は真冬のような寒さ…といった前日との寒暖差が一番身体にこたえますよね。また、日中の寒暖差も春は大きく、バテやすい傾向にあります。

寒暖差が特に激しい季節が春で、身体は寒暖差に対応するため交感神経が優位になり、疲れやだるさを感じやすくなるそうです。また、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる時期でもあり、自律神経の切り替えがうまくいかなくなってしまいます。

さらに春は、生活が大きく変化する季節であったり花粉症などの体質的な要因が加わり精神的なダメージを受けやすくなってしまうのです。

By | 4. 4月 2017 | 未分類 | No Comments »

Leave a Reply