RSS Feed!

建築と暮らしの向上

コンクリー卜をより一層強化するには
~プレストレストコンクリー卜~

 コンクリートは、工場で材料を混ぜ合わせてから工事現場に運び、流し込んで固めるのが主流になっていますが、さらに固めるところまでを工場で行なうこともあります。 これを、プレキャストコンクリー卜(PrecastConcrete :あらかじめ形成したコンクリー卜)という。工場で生産されるので、品質管理が行き届き品質にばらつきが少ないです。ビルや工場の外壁などのほか、まだ少ないですが住宅にも用いられることもあります。

鉄筋コンクリー卜をさらに強化したプレストレス卜コンクリー卜(Prestressed Concrete)も、プレキャス卜コンクリートのひとつ。これは、あらかじめ圧縮されたコンクリー卜のことです。広い場所で大勢が働くオフィスビルなどの場合、鉄筋コンクリートの床でもまだ頼りないかもしれない。

床を厚くしたり、中の鉄筋を太くすれば重量に耐えられるかもしれませんが、そうすると床の重量が大きくなり、床を支える柱を太くしなくてはならなりません。

余計なお金がかかり不経済だし、柱のスペースのせいでオフィスの面積が小さくなる。
プレストレストコンクリ一卜はこういった問題を解消します。あらかじめコンクリー卜に圧縮をかけることによって、ビルが完成したときにかかると思われる荷重によって生じる引張力を打ち消すことができるのです。

プレストレストコンクリ一卜の製造方法は、コンクリー卜に穴を空けて鋼鉄の棒かケーブルを通す。固定して、棒を引っ張る。その状態のまま棒を固定する。そうすることでプレストレストコンクリ一卜が完成します。
すると、このコンクリー卜にはつねに水平方向に圧縮がかかっている状態になります。そうすると重いものが乗っても、コンクリートの中でふつうなら働く引張力が打ち消される。このように、コンクリートの弱点を補う技術がいろいろと開発されている。

この技術により、高層ビルの建築が容易になってきた背景もあいます。