RSS Feed!

葬儀の役立ち情報

納得できる形で準備を進めるには
葬儀の時にはどのようなことに注意して葬儀のプランを葬祭業者と決めていけばよいのでしょうか。
葬儀の準備は葬祭業者との打ち合わせからスタートします。まずはしっかりとおこなう葬儀について決めておくことが肝心です。

  どのような式場でどのような葬儀にしたいか、どのような祭壇が希望か、予算や参列者はどのくらいかなどを、できるだけ具体的に伝えていきましょう。
葬祭業者からも、式場や演出方法などについて提案がなされるので、1つひとつ確認しながら、全体のプランを固めていきます。分からない部分はすぐに葬祭業者へ確認を行いましょう。
とくに無宗教葬のように、宗教にも伝統にもとらわれない葬儀を行いたい場合は、葬祭業者との綿密な打ち合わせが必要です。
何もかも葬祭業者任せにするのではなく、コミュニケーションを重ねて信頼関係を築くことが、よい葬儀につながります。
打ち合わせをするときは、冷静な判断のできる人に立ち会ってもらえば、よりスムーズに話が進みます。葬儀までには気が動転してしまっていることもありますので冷静な判断ができにくいからです。
葬祭業者の仕事の範囲と費用を把握する
葬儀のプランが決まったら、見積りを出してもらい、葬祭業者にはどこからどこまでお願いできるのか確認しておきましょう。
葬祭業者の仕事内容がわかれば、遺族側がしなければならないこともわかってきます。

また、見積書には何が含まれていて、別途支払う必要のあるものは何か、どのくらいの費用がかかるかなども確認しておきましょう。
「基本料金十万円」などとあっても、その内容は業者によって異なります。どこまでが基本料金なのかを見極めておくことが大切です。

「費用の追加支払いが多くなった」という不満がよく聞かれますが、こうしたトラブルを起こさないためにも、きちんと確認しておくことが必要です。

なお、葬祭業者に支払う費用に寺院などへの謝礼は含まれていないのが一般的です。
また、通夜ぶるまいや精進落としの飲食・接待費用は葬祭業者にまとめて支払うのが一般的ですが、別になる場合もあります。
葬祭業者への支払いと寺院などへの支払い、それに別途支払い分を加えて、総額はどのくらいになるのか、把握しておきましょう。

多くの葬儀屋さんは葬儀の費用を明朗にしていない、あるいはできていません。

そんな中、葬儀費用を明確にしている葬儀社さんもちゃんとありますので、ご紹介しておきます。

横浜で葬儀サービスを提供しているひかりの杜さんです。

遺族に葬儀のサービスだけでなく、安心も提供している葬儀社さんです。