RSS Feed!

リフォームに関する考察

水から建物を守るには
~防水層を設ける~

 現在の日本では、木、コンクリート、鋼鉄の3つが主な構造用の材料となっています。この3つはどれも、水にさらされっぱなしだと素材が傷んでくるために都合が悪です。
木はゆがんだり、腐ったりします。
コンクリートは水自体には強いが、ひび割れが発生すると、そこから水が入り込み、中の鋼鉄がサビてしまいます。
サビが鋼鉄の強度を弱くしてしまうのです。

水から建築材料を守るには、屋根や外壁など、外に面している部分や台所やお風呂場など、室内で水を使う個所に水を通さない材料でつくられた防水層を設けることが必要になってきます。
防水層の主な材料は、アスファルトやモルタルのほか、ナイロンやポリ工チレンなどを薄いフィルムにした高分子フィルムなどが防水層の構築には欠かせません。

アスファルトというと、道路にしきつめられているものを想像する人も多いと思いますが、実はとても種類が多く建物の防水材としても活躍しています。
アスファルトは石油や石炭から採れる黒っぽい固体か半固体の状態になっています。
道路に使われているものも、優れた防水性によって地盤を保護しています。
建築物の防水に使うアスファルトには、フェルト布でつくったシートをアスファルトに浸してつくるアスファルトフェル卜などがあります。

モルタルはセメントと水、砂を混ぜてつくったもので、元来水を吸い込む性質があります。
防水目的に用いるためには、防水剤を加えなければいけません。防水剤を加えたモルタルは防水モルタルと呼ばれ、壁や床の表面に塗れば防水層になります。
モルタルを用いることは多いので、防水材としても使われることが多いのが特徴です。

~防水の要、塗装~

 建物の防水の要は塗装です。
塗装することで、外壁や屋根などに防水効果をもたらすことができます。
ただ、塗装は一度すれば良いというわけではなく、定期的にメンテナンスが必要になってきます。

 塗装のタイミングは様々ありますが、具体的な例をいくつかご紹介します。

1.コケや藻、カビが発生している
コケやカビの発生は、その部分の塗膜が弱くなっているサインです。
そのまま放置すれば、いずれ塗膜はなくなり、防水性能がなくなってしまいます。
特に日当たりが悪い方角の外壁や屋根などは注意してください。

2.外壁を手で触ると粉のようなものが手につく
これは「チョーキング」と呼ばれる現象です。白亜化とも呼ばれています。
この粉は塗膜が劣化したものです。
つまり、塗膜が剥がれてきているということです。早急なメンテナンスが必要なサインです。

3.ひび割れがある
下地の反りや、塗膜の劣化などで外壁などにひび割れが発生している場合は要注意です。
そのひび割れから雨水が侵入する恐れがあります。

上記の3つのいずれかに当てはまる場合は塗装のご検討を急いだ方が良いでしょう。
雨漏りの危険があります。

 今回塗装についての知識は千葉外壁塗装.comさんを参考にさせて頂きました。
実際の塗装業者さんなので、塗装に興味がある方、塗装を検討中の方にお勧めなサイトです。
外壁塗装 千葉」などで検索するとすぐに見つかると思います。