RSS Feed!

住宅とリフォームの価値創造

工事の仕上げはデザインのためではない
~内外装材料~

 家の中の壁や床、天井を見てみましょう。
たいていの住宅では、木やコンクリートなどの構造材がそのままあらわにはなっていません。外壁だってそうですね。
なにかしら仕上げ工事が施されています。建物の外部の仕上げを外装といい、内部の仕上げを内装といいます。 内装や外装は、デザインのためだけではなく、建物を長持ちさせるためにも重要なものだ。たとえば、火に弱い、水に弱い、腐食するといった構造用材料のいろいろな弱点をカバーするために、耐火性、耐水性、耐食性によくすぐれた材料を使用するのがそうです。
外装の材料として、木造住宅の外壁の場合、耐火パネルモルタルがもっとも一般的です。モルタルは、耐水性、耐火性にすぐれていますし、材料費が比較的安価だというのも長所です。鉄筋コンクリー卜づくりのビルの壁では、薄く切った石の板を張りつけることが多いです。見た目に重厚で落ちついた感じがしますし、石の種類にもよるが耐火性が高い。タイルや金属のパネルなどもよく使われています。内装材料には、木の板や合板、クロス(布やプラスティックでつくられた壁紙)、漆喰などがあります。漆喰とは、石灰に砂、のり、糸くずやワラなどを混ぜてつくったもので、日本では昔から壁に塗って使われていました。また、レンガをタイル状にして壁に張りつけることもあります。
ビルでは、床に石を張っているものも多いです。コンクリートむき出しの壁のように、精造材がそのままあらわになっている建物の場合は、なんらかの形で、弱点を補う工夫がこらされているはずです。

さて、漆喰は壁に塗るだけでなく、瓦屋根にも使用します。
瓦屋根の主なメンテナンスと言えばこの漆喰部分が主です。
漆喰は経年で劣化し、日々割れ、最終的には剥がれ落ちてしまいます。
そうなる前に小まめなメンテナンスが必要となります。

屋根のメンテナンス・屋根のリフォームはお住まいの長持ちのために必要です。
おすすめは千葉で屋根リフォームをしている街の屋根やさんです。
一度工事をお願いすると、定期的に点検に来てもらえるので、安心できます。