RSS Feed!

建築リフォームの情報

火災を防ぐための内装材
~防火材料と耐火材料~

 もし万が一、台所で火災が発生したとき、内装材が燃えやすいものだと、一気に台所全体が火に包まれ、火が廊下や別の部屋に移り、家全体におよんでしまいます。最悪の場合、構造材が崩れて家が崩壊したり、隣の家にまで火が燃え移ってしまうことになりかねません。
このようなことのないように、内装材には、火を燃え広がらせない性質を持つ防火材料を使うことが大切です。防火材料には、火事の拡大を防ぐ機能の高い順に、不燃材料準不燃材料難燃材料があります。建築基準法では、建物の大きさや、建物の使用目的などによって、どの防火材料をどの程度使うかが義務づけられているのです。 不燃材料の代表的なものとして、岩綿スレートがあります。このスレートは、安山岩を高熱で溶かして、繊維状に加工したものです。準不燃材料としてよく使われるのは、石膏を専用の紙ではさんだ石膏ボードです。難燃材料には、合板を加工処理した難燃ボードなどがあり、その使われ方は非常に多岐にわたっています。防火材料は、その材料に火が当たっても着火しにくいものをいい、文字どおり、火を防ぐ働きをしますが、その中でもとくに長い時間火にあぶられでも、構造材に影響を与えないものを耐火材料といいます。

耐火材料には、コンクリート、レンガ、モルタルのほか、セメン卜や岩綿などを混ぜ合わせたものを構造材に吹きつける吹付岩綿、軽量コンクリ一卜(コンクリ一卜は、一般に軽量のほうが断面に穴がたくさん空いていて熱が伝わりにくいため)などがあるのです。

建物の用途や使用個所によってこれらをうまく使い分け、建物がつくられています。

万が一の住宅の火災でも延焼しないようにすることが大変重要になってきます。

リフォームでも耐火材や不燃材を使うことでより快適なリフォームを行うことができるのです。

 

最近では不燃性の高い塗料が増えてきています。ナノコンポジットWなどもその一つです。

防火に関して興味のある方は一度調べて見ると良いでしょう。 

しかし、こうした塗料の知識はやはり専門店に相談するのが一番です。私のおすすめは千葉の外壁リフォーム専門店 千葉外壁塗装工房さんです。

塗料に関してお困りでしたら、一度問い合わせてみると良いですよ。