RSS Feed!

住環境改善のリフォーム

住宅や建物の大きさについての決まり
~建ぺい率・容積率~

 こんなケースを想定してみましょう。土地を購入し家を建てることになりました。
せっかくだから敷地を最大限使いたい。しかし、どの家も敷地いっぱいに建てたとしたら、その辺り一帯隙聞がなく、ぎゅうぎゅう詰めになってしまいます。
もし火災が発生したら火が燃え移りやすく、大火事に発展する可能性があり、危険です。 そこで、地域ごとに建ぺい率を制限し、空地をとっています。建ぺい率とは、敷地面積に占める建物の面積の割合のことで、建物の面積を敷地面積で割った数値で表わされます。たとえば建物の面積が50㎡で、敷地面積が100㎡の場合、50+100X100%=50%となります。

また、土地と同じく容積も制限されています。マンションなど建物の高さが高いほど、つまり建物の容積が大きいほど、大勢の人が住むことになりますよね。

すると万が一災害が発生したとき、大災害に発展する可能性があります。また、1つの地区に大きな建物が集中すると、交通機関などが混雑します。これらを避けるために、容積を制限し人口の密集や災害時の安全性を確保しているのです。

建物の各階の面積を合計したものを延床面積、敷地に対する延べ床面積の割合を容積率といい、延べ床面積÷敷地面積で計算します。 100㎡の敷地に5階建てのビルが建っていて、1フロアの面積が 60㎡とすると、延べ床面積は300㎡。容積率は、300+100X 100%=300%となります。

用途地域内では地域ごとに容積率が決められています。用途地域に指定されていない所では、400%以内となっています。マンションや住宅のチラシには、用途地域や建ぺい率、容積率などが記されているので、一度見てみることをおすすめします。